2016年02月16日 (火) | Edit |
今日はオススメの石けんを紹介。
「やさしいせおと」
ねば塾の石けん

もう5、6年ぐらいは使ってるはず。
手、身体、顔、髪の毛と身体全部これ一つで洗っています♫
シンプルな石けん成分のみ。
私は皮膚が弱く、時期によって湿疹やらアレルギーやらと長い間お付き合いしているんですが、
この石けんにしてからは彼らの主張が、少し穏やかになってくれました。以降別れられません、笑。
この冬に無くなってきて、慌てて注文した。

この石けんはこちらの「ねば塾」さんが作ってます。
http://www.neba.co.jp/concept.html
HPの「会社方針」「塾長メッセージ」を読むと、この石けんに込められてる想いを勝手に感じちゃったりします。


この石けんとの出会いは、
今はもう旅立ったスピッツのロビンソン男子が繫いでくれました。

状況によっては咬んでしまう仔で、
共に生活するにはルールが必要でした。お互いの為に。
それを理解してくれた上でトライアルをしてくれた家族が、ねば塾の2代目パパとママさん。
長野県にお住まいで2週間に1回ぐらいのペースで、2、3ヶ月間ぐらいかなアフターフォローに通ったのが懐かしい。
ルールを決めて生活していても一緒に暮らしていれば、やっぱり色々ありました。
時にパパがカプリ(可愛く書いています)とされてしまうこともあり、うまくいくこともなかなかいかないことも両方ともおおらかに受け入れてくれました。
信頼関係は少しづつ少しづつで作っていってくれた家族。

譲渡が決まり、家族に迎えてくれた後もなんだかんだ色々あったんだろうなぁと思う。
でも本当に家族に迎えられたことを喜んでくれていた。

散歩が大好きだったロビンソン。
家族の元で数年間たーっぷり楽しんで暮らして、旅立ちました。
彼はそりゃーどえらい幸せだったに違いない。

その後、ロビンソンがくれたプレゼントは今でも自宅に飾ってあります。
ロビンソンパネル


保護犬と里親さんは縁。
里親さんと僕も縁(勝手に言ってます、笑)。

ロビンソンが旅立った後、
ご家族はメリーって名前の保護ワンコと暮らしてる。


ヤングゴーゴー、イケイケ男子くるりの預かり日記はこちら
https://www.facebook.com/hatinouti
引き続きくるりの応援よろしくお願い致します👍