2017年08月02日 (水) | Edit |
パンパカパカパンパンパーン!やっとこの日が来たー!
しらすに里親家族が決まりましたー!
週末、譲渡契約に伺ってきました。

伺うと、部屋の隅、見えない所から出てこないしらす・・・ぽいぽい、笑。
保護中も来客時にはハウスに篭ってウフウフ言って、警戒していたっけ。

ママさんと会話してわざと声を出してみる・・・ウフッウフッと始まるしらす。
さらに会話していると、顔だけひょこっと出してきた。
不安ありつつ、興味を惹かれたような感じ・・・でもまだ確信ではない様子、笑。

放って喋っていると、逃げ腰ながらも1歩2歩と近づいてきて、ジーンズをクンクンクンクン・・・・!!
来たー、急にテンションMAXに腰と尻尾を振ってお出迎えしてくれたしらす、笑。

耳情報以上に鼻情報が犬にとってはより重要なんですね。
大沢しらす1
前脚ピョン、人の顔クンクンクンクン、尻尾ブリブリで喜びを表現してくれた。
大沢しらす2
預かり冥利につきるなぁ。
大沢しらす3
いいお顔してますな、しらす。
大沢しらす5
喜んだ後はべちゃ〜っと寝そべって腹出し、笑。


怖がりな一面があるしらす。
とってもポジティブなママさん、優し〜いパパさん、落ち着いた態度で迎えてくれた息子さんが、
そのまんまのしらすを受け止めてくれました。

保護から譲渡まで1年4ヶ月掛かった。というか、掛けてしました。
子犬時に保護したので、その気になればもっと早く里親募集でき、譲渡家族が決まっていたはずで、トライアル中もそれが頭に引っかかってた。
子犬期の可愛さで里親募集するのではなく、生活に必要なしつけを施した上で里親を探そうと決めたのがぽんずとしらすにとって良かったかどうかわからない。
でも今日のしらすを見て、これで良かった、やっぱり!と思いました。
我ながら、ぽんずもしらすもいいご家族に繋いだよ。自画自賛です。


長ければいいってものでもないが、しらすには沢山のことを教えてもらった気がします。
それなりに多くの犬を保護して来たと思っていても、毎度気づきをくれるのが保護犬。
これから先に保護する犬達と、トレーニングで関わりを持たせてもらっている犬達、オーナーさんに活かさないと。

大沢しらす4


里親さん家族と。
大沢しらす7

アニキとも記念撮影。
後ろ抱っこでカメラ近距離に緊張しちゃったしらす、笑。
大沢しらす8

譲渡会に出させてもらった保護団体「ドッグシェルター」さん、
譲渡会場を提供してくれた「ドッグライフデザイン」さん、
トリミングサロン「the Dog」さん、
ご縁のきっかけを掴むために里親募集Tシャツを作ってくれた「ジャンプルデザインマンhttp://jumbledesignman.shop-pro.jp」さん、
そしてぽんずとしらすを気に掛けてくれた、みなさん。
ありがとうございました!
ぽんずとしらすと教習所

しらす、末永くお幸せに♫