2016年01月30日 (土) | Edit |
グレピのローズを送り出して、年始からリトルつとむこと「けんた」が居候。

けんたの前預かり様子はこちらから
https://www.facebook.com/hogokenkamiyama/

kenta00

○ けんたのナイスドッグ:つまりいいところ

ノリが良くて遊び好き ⇒ 遊びがいがある
表情豊か、行動が変 ⇒ 見ているだけでなんか笑っちゃう
人と会話(やりとり)ができる ⇒ 教えがいがある
留守番もーまんたい(無問題)⇒ マンション住まいでもいける

▲ けんたのもうちょい頑張ろうドッグ:つまり課題

散歩中の他ワンコに興奮し、強く吠える 
⇒ 確認マニアのけんた。匂いを嗅いで確認したくて吠える。
ノルのは得意だが、ブレーキは不得意 ⇒ 飼い主がブレーキ役をやろう


そんなけんたとは課題と目標を持って、一つづつ階段を登っていく予定です。
魔法のようにはいかないので反復練習あるのみ。

けんたにはたっくさんいいところがある。
それは残しながら、活かしながら、
新しい家族でも課題に継続して向き合っていけるような道筋、下準備をけんたに教えていきます。
それが新しい家族探しに繋がってくれると嬉しいね。


名前とフォルムがどことなくふわりに似ている、くるりの預かり日記はこちら
https://www.facebook.com/hatinouti
引き続きくるりの応援よろしくお願い致します👍
2016年01月18日 (月) | Edit |
まりもに家族が決まった。

昨年末からスタートしたトライアル。
ビビリンボだし、うまくいっていることもまだ時間が掛かることもある。

まりもが慣れてくれるように、パパはコツコツコツコツ、地道な努力を積み重ねてくれています。
少しづつ慣れていき、日によってはまた急に怖がってみたりを繰り返しているうちに、
後々考えてみれば、なんか慣れてきてくれたかなぐらいが怖がりワンコのペース。

ゆっくりだけど、その分変化を感じられる楽しさもある。
3ヶ月、半年、どれぐらいでお互いの距離が近くなるかは分からないけど、
せっかくだからこのじわじわ感を楽しんでもらいたい。
あと、ご家族には(特にパパには、笑)あまり頑張りすぎずに過ごしてもらいたい。


ご家族からドッグシェルターへのメールには、
「とにかく、楽しい毎日です。」とあった。

ご縁だったんだね〜、まりも。
これから先はローズとして楽しい犬生をご家族と共に過ごしな。
??



今は「リトルつとむ」が居候、笑。
kenta4
2016年01月13日 (水) | Edit |
一時預かりをしていた和犬ミックスの「ふわり」。
ご家族からお便りと写真が届きました。

fuwari1

fuwari2


「早いものでふわりが家族になって半年が過ぎました。
元々クールな感じのふーちゃん。
あまり変化はありませんが前よりしっぽを振るようになったかな。軽くですが(笑)
でも表には出しませんが、触ってほしかったり、家族にぴったりくっついて寝てたり。
少し甘えん坊のところもあってカワイイです☆

年末に実家の両親&わんこと一緒に山に登りました。初心者向けの山だったので、楽しく登れました。
ふわりも元気いっぱい♪楽しそうにグイグイ引っ張って登りました。
今年もふわりと家族で色々なとこに出掛けたいと思ってます☆ 」

fuwari6

fuwarik5


譲渡されたワンコが時間が経ってから楽しく暮らしているって連絡を頂くと、嬉しい。
嬉しい以上に、ほっとする。


名前とフォルムがどことなくふわりに似ている、くるりの預かり日記はこちら
https://www.facebook.com/hatinouti
引き続きくるりの応援よろしくお願い致します👍
2016年01月11日 (月) | Edit |
昨年末30日、まりもはトライアルに行き、もうすぐ2週間。
届けた日のまりもは安全地帯ハウスに隠れて出てこない、笑。
marimot1
笑っているのではなく、余裕が無くて呼吸が少し荒い。
それでもこちらが離れると、扉前まで出てくる。本当は気になっているまりも、笑。
marimot2


一時預かり初日の写真。
marimo11
同じだね、こちらも余裕が無い顔。

まりもは1歳過ぎまで繫がれまま飼育されていたから、社会経験値がとても少ない。
普通に生活していれば見慣れていること、経験していることに見慣れてないし、経験していない。
だから変化や慣れていないこと、新しいことを受け入れるのに他の仔より時間が掛かる。
でも怖がりが隠している、まりもの本当の性格はハキハキと元気な裏表無し、慣れた人大好きないたずらっ子。


トライアル10日目頃にアフターフォローに。
ママさんには大分慣れてきて、甘えるしぐさも出てきた。
でもパパさんにはまだまだ慣れていない、キッチンの端っこに隠れてしまう。
早く慣れてもらうために、頑張りすぎなぐらい頑張ってくれているパパさん。

お互いを受け入れやすくするお世話の中でできるちょっとしたコツと、
こればかりは時間が掛かることだから飛ばしすぎず、頑張りすぎない程度に頑張ることも大事とパパに伝える。

僕が見た感じだと、順調にまりものペースで慣れようとしている。
一緒に生活するご家族からすれば、物足りないかもしれないけどね。

いつか、こんな時期もあったなぁって、家族に思ってもらえたらいいね。


心技体すべてイケメン、くるりの預かり日記はこちら
https://www.facebook.com/hatinouti
引き続きくるりの応援よろしくお願い致します👍